So-net無料ブログ作成
検索選択

10.夫の不倫相手にも夫がいたら

夫の不倫相手が独身ではなく、夫がある人の場合は、この不倫が相手の夫にもばれたら、その人から自分の夫に慰謝料を請求されることも考えなければなりません。

不倫相手が夫に知られたくないと思えば、口外しないことを示談書に盛り込む条件で慰謝料の支払に応じる可能性もあります。

しかし、相手夫に既にばれていたり、もしくは慰謝料が払えないために自分から夫に話したりするようなことがあれば、ご自身が離婚しない限り、慰謝料請求はあまり意味が無いことになります。

その場合は、できるようなら四者で話し合いをし、慰謝料なしの合意書を作成するべきだと思います。

不倫・浮気、離婚のご相談は、コメントには書き込まず下記ページからお願いします。1回のみ無料でお答えします。
お問い合わせフォーム

不倫・浮気・離婚に詳しい武石文子総合事務所
コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。